のら婆さん(醜女の祈り2話)のあらすじと感想!嫁姑関係が・・・

はじめまして!
普段は、OLで事務やっている綾乃です♪

 

醜女の祈りの本編は、読みましたか??

 

百合ちゃんの人生が残念すぎですよね(笑)

子供の顔がブサイクすぎて、
笑っちゃいました(^_^;)

 

まだ読んでなかったら、
まんが王国なら、スマホで無料試し読みできますよ~!
まんが王国はこちら
※「しこめ」と検索窓に入力♪

 

醜女の祈りは、表題作の他に4作あるんですが
今回は、その中の1つの「のら婆さん」をご紹介します。

のら婆さんのあらすじ

主人公は、小林由香(こばやしゆか)
28歳の独身OL。

 

東京で実家暮らしをしていて
田舎には、80代の祖母がいました

 

祖母は難しい性格をしていて
由香は、祖母が苦手。

 

母の実家は、地方の農家で
その後継は、母の兄が継ぐことに。

 

祖母は、兄嫁に対して
かなりキツク当たりました。

 

兄嫁は、慣れない農作業や家事を
手伝っていたののですが

「なんだいそのへっぴり腰は!」
「まずいっ食えたもんじゃねぇ!」

など、嫁の悪口ばかり・・・。

妊娠中も働かされて、流産することも。

 

その後、2人の娘に恵まれるも
それでも祖母の態度は変わりません。

その祖母の態度に、兄嫁は疲れきっていました。

祖父の他界・・・

そんなある日、祖父が他界し
祖父の遺産は、兄夫婦が全て相続することに。

 

そして、兄夫婦は、土地を売り
母屋の隣に、家を建てたのですが

「勝手なことを!ワシはそんな家は好かん!」

と言って、祖母は同居を拒否。

 

祖父は1人で母屋に住むのですが
徐々に弱っていき、まるでのら犬のような風貌で・・・

のら婆さんの感想(ネタバレあり)

こんな姑さん嫌だ~~~!
わたしなら絶対耐えられない(;_;)
(彼氏すらいませんが笑)

 

兄嫁さんの気持ちはすごくわかります・・・。

あんなひどいことされて、
流産までしたら、まぁわたしでも恨むでしょうね(^_^;)

 

でも、こういう嫁姑関係って実際にありそうですよね。
特に、姑が強い場合は、厄介・・・。

 

のら婆さんが出てきた時は
何かホラーでも始まるのかと思っちゃった!笑

 

最後の最後で、
ちょっとお互いに打ち解けられたから
まぁ、良かったのかな♪

 

長男と結婚するって、ちょっと考えちゃう!
わたしが言える立場じゃないけどね(笑)

醜女の祈りネタバレ一覧

醜女の祈りネタバレ一覧はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ